採用 2023.09.04

リファラル入社者インタビュー#2

リファラル入社者インタビュー#2

こんにちは。Talent Attraction & Acquisition部のT子です!
いつも採用広報ブログを読んでくださりありがとうございます。

先日【第一回】リファラルインタビューをお届けいたしましたが、本日は【第二回】としてセールス職のお二人にお話を聞きました。

<紹介者>藤久保さん
営業本部 営業統括部 第1営業部
2016年に新卒で人材会社に入社し、求人広告の営業に従事。2020年にSaaS系のIT企業に中途入社しパートナーセールスとして代理店営業を経験後、2022年3月にウイングアーク1stへ入社。前職同様にパートナーセールスとして担当パートナーと共にウイングアーク製品拡販に向けた営業活動を行っている。

<入社者>松本さん
BD事業戦略部
2017年に新卒でソフトウェアメーカーに入社し、人事部にて採用担当に従事。2019年にSaaS系のIT企業に中途入社し直販営業を経験後、2022年8月にウイングアーク1stへ入社。前職の経験から、invoiceAgentの営業企画と直販営業を担当し、製品拡販に向けた活動を行っている。

インタビューへのご協力ありがとうございます!早速ですが、お二人の関係性を教えてください。

藤久保さん(以後、藤久保):私と松本さんは前職が同じで、松本さんがダイレクトセールス、私がパートナーセールスに従事していました。
役割は異なっていましたが、同じ事業部で同じ製品を扱っていましたし、且つ席が近くて年齢も近かったことからよく話していました。
私が転職を考えていた時も松本さんに話してました。

松本さん(以後、松本):実は藤久保さんから転職する話を聞いたとき、私も考えだしていたので勉強のためにも色々話を聞いていました。

藤久保さんがウイングアーク1stに転職された後、松本さんも選考を受けることになったのはどういった経緯があったんですか?

藤久保:前述のように、私が転職した時に松本さんも今後のキャリアについて考えられていたので、転職後も社内の雰囲気、仕事内容など話していて、もし興味あったら連絡して、と伝えていました。

松本:前職もうちと近しい業界だったので、ウイングアーク1stの社名も製品も知っていましたし、転職先もITベンダーを希望していたので、元々興味はありました。なので転職を本格的に考え出したときに、藤久保さんに連絡したところ、実は今の上司も前職が同じだったので、藤久保さんが繋いでくださり、詳しい業務内容などを教えてもらいました。
話を聞く中で組織基盤がしっかりしていること、商材が多く提案の幅が広いこと、個々人を尊重してくれる社風が垣間見えて選考を受けることにしました。

藤久保さんは松本さんのフォローをされる中で意識されたことなどはありますか?

藤久保:私が転職する時も、実は松本さんの上司の方(前職の先輩)と話をして、プラス面マイナス面両方での前職との違いを教えてもらって、凄くイメージしやすかったので、松本さんにも自社の社風や仕事内容が前職とどう違うかを率直に伝えることを意識しました。
併せて、面接前には面接官の人柄や面接の雰囲気などを事前に伝えました。

松本さん:実際、面接は藤久保さんにアドバイスいただいた通りだったので、緊張はしたんですが自然に話すことができました。

前職が同じ藤久保さんだからこそ伝えられたことですよね。そこから松本さんは最終的にどの点で意思決定されたんですか?

松本:①商材が多く提案の幅が広いので営業としてスキルアップができると感じた点、②面接が面接っぽくなく話しやすかったので、この中で働くイメージが持ちやすかった点、③柔軟な働き方ができる点、です。
①については、商材が多いのですが、良い意味でマニュアル化されておらず、お客様の課題に応じて自身で解決策を創出、提案できるので手触り感を持って営業スキルを伸ばしていけるのではと感じました。
②については、藤久保さんに聞いていた通りなのですが、面接官の皆さんが役職関係なく本当にフランクに話してくださったので安心しました。
③についてはSaas系だと最近珍しいと思いますが、フルリモート、マンスリーフレックス、コアレスなのでライフワークバランスが担保できると感じました。

働き方|ウイングアーク1stコーポレートサイト

働き方|ウイングアーク1stコーポレートサイト

帳票とBlのウイングアーク1st株式会社の働き方

Read More

入社前に聞いていた当社の印象と入社後に感じた印象にギャップはありましたか?

松本:裁量権があることや柔軟さは聞いてた通りでした。藤久保さんからは前職に比べると平均年齢が高いので、雰囲気が違うかもと聞いていたのですが、実際入社してみると年代が違っても良い意味でかっちりしすぎてなくて、フランクに話しやすい方が多く、そこは良いギャップでしたね。

お二人から見て、リファラル採用の良い点は何だと思いますか?

藤久保:紹介した側の私としては、自社の中のことがわかっているので、どういう人がマッチするかイメージがしやすい点ですかね。
そして紹介すると言っても、人事(TA&A部)に相談するとそこから手厚くサポートしてくれるので、全く労力がかからず進めてもらえるのも有難いです。

松本:入社前は、自分のことをわかってくれている人がいるので、私に合った情報をもらえ、働くイメージが持ちやすかったです。入社後も知ってる方がいる安心感がありますし、幸いにも私は前職の先輩が上司になったので、これまでとの違いを教えてもらいながらオンボーディングできてよかったです。

後に、お二人から見てウイングアーク1stはどんな会社ですか?

藤久保:決まったことをやるのではなく、自分で考えてビジネスを大きくしていく手触り感を持てる会社ですね。特定の業務領域に特化した、いわゆるワン・イシュー型のプロダクトではないので、顧客課題に合わせて自分でソリューションを考え、提案をしなければいけません。マニュアル化されているとどうしても個人の特徴が出にくいと思うんですが、うちは敢えて統一化していないので、自分の強みに合わせた仕事ができる環境です。

あとは歴史が長く基盤がしっかりしている事業もあれば、新規事業への挑戦もしていて、大手企業感、ベンチャー企業感どちらもあって面白いです。

松本:藤久保さんが言われたように、外から見ると歴史の長い製品があって安定した大手企業のような印象があるのですが、中はいい意味でベンチャー感があって、自由度の高い仕事や、フランクに意見しやすい環境ですね。

あと、能動的に自身でキャリアを構築できる会社です。
今所属している部署ではセールスだけはなく営業戦略や企画の仕事もしていますし、実はジョブプラ(※)で海外事業にも携わっています。セールスとしてのスキルはもちろん、海外市場のことも学びたいと思って挑戦を決めました。
こんな風に別のスキルを身に着けたいと思ったら、自分で動いて取りに行ける環境なんです。
転職する前もキャリアについて考えましたが、ウイングアーク1stに入った後もこの制度のおかげでどういうキャリアを築きたいか改めて考えるようになりましたね。

※ジョブプラ:現在の業務に加え、新たな業務や プロジェクトに参加できる当社独自の社内副業制度。

キャリデベロップメント制度
キャリデベロップメント制度

藤久保さん、松本さんありがとうございました!
第二回いかがでしたか?
前職が同じだったからこそ、前職と比較した当社の良い点、懸念点などを率直に伝えていただいたことにより、入社前からクリアにイメージしてもらえたのではないかと思います。
また、入社後も能動的なキャリア形成をしていただけていることはTA&A部としても嬉しい限りです!

次回のリファラルインタビューもお楽しみに^^
そして、当社にお知り合いがいる方でご興味をお持ちいただいた方は、ぜひお声がけください!

採用情報|ウイングアーク1stコーポレートサイト

採用情報|ウイングアーク1stコーポレートサイト

帳票とBlのウイングアーク1st株式会社の採用情報

Read More